第1回インタビュー 「快傑ズバット」「科学戦隊ダイナマン」

――今日は京建輔さんに、インタビュー・シリーズの第1回目として、子供向けTV番組(アニメ・特撮)の作曲とその編曲をされた頃のお話を、色々とお伺いしたと思います。
特に「快傑ズバット」と「科学戦隊ダイナマン」を中心に進めたいと思います。
それでは、まず「快傑ズバット」ですが、このTV番組は1977年の放送ですね?

 そうです、東京12CHで放映されました。全部で32話あったと思います。

――資料によると2月2日から9月28日まで8ヶ月の番組ですが、それまで、テレビの子供番組のお仕事はなさっていらしたんですか?

 いいえ、初めてです。それまで私は、レコードの編曲の仕事のほかに、TVのCMなどをしていましたが、あるコマーシャルの制作プロダクションから「こんなTV番組が始まるけど、やってみないか」というお誘いがありました。

――それが「快傑ズバット」ですね?1977年というと、京さんが「北国の春」を編曲された年でもありますが?

 ええ、その年の1月には制作が始まったと思います。

――ここに「快傑ズバット」のオリジナル・サウンドトラック〈COCX―30806〉のCDがありますが、それによると録音日が1月21日の日本コロムビア第一スタジオと、2月15日に東映東京撮影所内アフレコルームとなっていますが、第1回のTV放映まで、約10日前の録音だったんですね?

 そうですね。ただ、そのデータは劇伴のもので、主題歌はもっと前の、正月明けだったと思います。大体はそんな風に、ぎりぎりで録音するのが普通で、それは大変なんです。タイトなスケジュールは当たり前の時代でしたね(笑)。

――このお仕事を引き受けられようと思われたのは?

 まず、私の二人の小学生の息子が、やんちゃ坊主の頃でして、私自身子供番組に興味がありましたし、コンテを見たら面白そうだった。それに石ノ森章太郎さんという名前も知っていたので、この人と組めるのかなーと、魅力を感じました。

――それで、劇伴と並行して主題歌も作ることになったんですか?

 そうです、主題歌のレコード(シングル盤〈コロムビアSCS-339〉1977-3-1発売)のお話を、コロムビアのプロデューサー(ディレクター)さんがもってこられました。木村裕史さんという方で、回りの皆さん木村ジュニアと呼んでいらした。彼の父親が、同じ会社で部長さんで偉かったものですから(笑)。

――当事のコロムビアというと、美空ひばりさんや村田英雄さんをすぐ思い浮かべますが?

 ええ、弘田三枝子さんやジャッキー吉川とブルーコメッツなど、勢いのある会社でしたが、木村さんがいらした学芸部門も盛んで、私がNHKの教育番組や学芸のコーラスの仕事をしていることを良くご存知でした。

――そうすると「快傑ズバット」は、コロムビアの学芸のお仕事だったんですか?

 そうです。学芸です。ガチャピン(ひらけ!ポンキッキ)とかピコリーノ(ピコリーノの冒険)なども同じ学芸でした。
もしコロムビアの歌謡曲の仕事をやっていたら、学芸からの仕事は回ってこなかったかもしれない、そう思うとラッキーでした。

――劇伴も主題歌も、作曲と編曲と両方ですから、ご苦労もあったと思いますが?

 最初、木村さんに主題歌の「地獄のズバット」のラフ・サンプルをお持ちしたら、良い顔をしないんです。イメージが違ったのか、もうちょっと格好良くしてほしかったようでした。それで、木村さんと調整がはじまったんです。

――石ノ森章太郎さんの詞はその時には、できていたんですか?

 ええ、もうできていました。ただ冒頭の「ズバット参上、ズバット解決」という詞は、最初 頭にはなかったんですが、木村さんと色々検討するうちに、頭にもってこようということになりまして、これで曲がしまって、良くなったんです。

――しかし詞の冒頭の「ズバット参上」とか「ズバット解決」なんて、子供向けの歌には難しい言葉だと思いますが?

 そうですね、普通、子供の歌の歌詞には出てこない。しかし話の筋からすると必然的な言葉で、そのあたりが石ノ森さんの凄いところかもしれません。

――「快傑ズバット」というTVタイトルは決まっていたんでしょうか?

 ええ、決まってはいましたが、台本は1話か2話しか出来ていなかったと思います。
先程、コンテを見て面白そうだったなんて言いましたが、実はコンテのほとんど、真っ白なところに線が引いてあって、鉛筆で丸が描いてあるだけでした。その為かどうか、なかなか編曲のアイディアが生まれてきませんで・・・。

――それで、どうされたんですか?

 ええ、色々考えた末、一度、子供の意見を聞いてみようと。それで二人の息子に「曲の一番最初に欲しい音は?」と聞くと、「ババーンとかべべーンとかいうのは無いの?」って長男が言うんですね。そうか、ババーンはないけど、ベベーンならあるかー。ベベーンね。それで、「よし琵琶でいってみよう」ということになったんです。

――そうすると息子さんのヒントが幸いしたんですね。息子さんが間接的に編曲された訳ですね(笑)。しかし、あの強烈で不思議な音色が琵琶だったんですかー?

 ええ、薩摩琵琶でやってます。

――それまで編曲で使ったことはあったんですか?

 いいえ、ありません。ただ、頭のなかでは一度やってみたいと、長いこと思っていました。

――京さんは京都生まれですから、それで和楽器に精通していらしたんでしょうか?

 そういうことはないと思いますが、歌舞伎とか能とか、昔から好きでしたので。体のどこかに和楽器を受け入れる素地があったのかもしれません。

――琵琶を編曲に使おうというアイディアは息子さんのヒントがあったにせよ、あらためて凄いと思いますが?

 こういう奇抜なアイディアは、ディレクターさんも思いつかないんです。仮に、この楽器を知っていても、古臭いとか、平家物語になっちゃうとか、そういう先入観が強くて、なかなか出てこないんですね。

――平家物語の♪~祇園精舎の鐘の音 諸行無常の響きあり~♪の伴奏で弾く楽器ですね?

 いや、それは筑前琵琶ですね。それは♪~ビビビビビーン~♪とやるやつで、薩摩琵琶は♪~ベベーン~♪とやるほうです。

――そうですか、いずれにしても、子供番組では、初めての試みで、曲の核になったんですね?

 ええ、そうですが、この頃はやたらと使われるようになりました(笑)。最初、誰もわからなくて、ポルトガルギターとか、洋物の楽器だと思っていらっしゃった方が多かった。

――録音時、琵琶の演奏者は音符を見て演奏されたんですか?

 ええ、タイミングの指定がありますから。当時、和楽器を五線譜で弾くという発想はアレンジャーにはなかったんです。実際、録音できるかどうか、わからなかった、それに譜面で演奏する奏者は、芸大を出た人位しかいなくて、五線譜を見ながらスタジオでちゃんと♪べべンと演奏できる人を探すのが大変でした。

――スタジオ収録のときに、はじめて琵琶を弾いてもらったんでしょうか?事前に譜面を渡して練習とかは?

 いいえ、スタジオで譜面を渡して、すぐ録音というのが当たり前の世界ですから。当時はマルチの16チャンネル、いや、8チャンネルもないような時代でしたので、劇伴はほとんど2チャンネルの同時録音が主流でした。それで、あの部分だけを単独で弾いてもらったんです。2チャンネルだとミキサーさんもちゃんと録れるかわからなかったんで。

――当然ブースなどないでしょうね?

 そう、ブースに入れて隔離することもできなかったし(笑)。

――琵琶の演奏箇所はイントロの冒頭と、歌詞の〈ズバット参上〉の後に毎回出てきますが、琵琶の収録はスムーズでしたか?

 それが、琵琶の奏者の方が、♪ベベンと、これは強く撥(ひ)かないと出ない音でして、それを続けて二回も弾くと、楽器に傷がつくから嫌だと言うんですね。それも同時録音ですから、何回かその作業を繰り返すわけで、勘弁してほしいとおっしゃる

――大切な楽器ですから、解らなくはないですね。それで、どうされたんですか?

 同時録音ですからテイクをいくつか録(と)りますので、上手くいったテイクを使って後処理するという方法をとったんです。大変でした(笑)。

――後処理というと、録音したものをつなげてまとめる、いわゆる編集ということですか?

 そうです。今ならマルチですので簡単なんですが、当時はほんとうに苦労でした。

――主題歌や劇伴のオーケストラの編成は何人位でしたか?

 弦は贅沢に6・4・2・2で14人。ブラス(トランペット、トロンボーン)は5人かな。ドラム、ベース、エレキ・ギター、フォークギター、エレピ(エレクトリック・ピアノ)などのリズム体に、ラテンパーカッション、ティンパニー、ヴァイブ、グロッケンなど合計で30人位、コロムビアのスタジオで一気に録りました。

――随分と大編成ですねー?

 儲かっていたんですね、コロムビアさんは。それで出来たんです。当時はシンセサイザーの良いのが無くって、刺激のある音はエレキギターで作るんですが、今でいうディストーションが無くて、ファズというのでやるんです。それでアンプの前でハウリングさせたり、マイクをアンプの前に立てて、アタッチメントで響かせてブオーンとやるとか、そういう方法で凌いでいましたねー。

――それは面白いですね。そういうのはギタリストのアイディアですか?

 ええ、皆んなでアイディアを出しあって、苦労でしたが楽しい音作りをしてました(笑)。

――琵琶以外でも、実験的な音作りをされたということですね?

 そうです。エスパイ(東宝映画 1974年公開)の劇伴の時の不思議な音は、全部テープの逆回しです。物が飛んできて、この辺でザッと止まる時に、逆回しの音を使ってキュッ!って止めるとか、そんなことを皆んなで考えました。ティンパニーなんかでやっても面白いよと言われたりもしました。

――石ノ森先生の作品を多く手がけられましたが、ズバットが最初でしょうか?

 ええそうですね、それから専属になったみたいで(笑)。

――「がんばれ!レッドビッキーズ」(1978)、「燃えろアタック」(1979-1980年TV朝日系列 堀江美都子:歌)、「それゆけ!レッドビッキーズ」(1980-1982年 TV朝日系列 こおろぎ‘73:歌)など、どれも石ノ森章太郎さんの作詞ですが、京さんを起用しようと決めたのは、どなただったんですか?

 石ノ森先生ご自身だったと思います。周りの方とか、東映のプロデューサーだった方からは今も年賀状をいただいたりで、交流があるんですよ。

――直接プロデューサーの方からの依頼があった訳ですね?

 そうです、石ノ森先生から頼んでくれと言われていたようです。

――ズバットのお仕事で、京さんの曲を気に入られたということですね?

 面白いですね。ズバットのやり方を気に入ってくださったようで。レッドビッキーズのとは全然違うのにね。気が合っていたんだと思います。

――主題歌のオープニング「地獄のズバット」、エンディングの「男はひとり道をゆく」
それと挿入歌の「二人の地平線」は三者三様というんですか、全部タイプが違いますね?

 ええ、子供向け番組ですが、主題歌(オープニングとエンディング)は普通のシングル盤の制作と同じようなスタンスで作ろうと思いました。ちゃんとした歌にしようと思ったんです。結果それが良かった、石ノ森先生の考え方も同じで、良いものを作ろうという考え方が一緒でして、そのあたりが気の合うところだったのかもしれません(笑)。

――石ノ森先生からは、劇伴の制作で、なにかリクエストがあったんですか?

 それが全くないんです。お任せでね。プロデューサーと選曲担当の方が、ここの場面にはこの曲、とあてはめる作業をするんですが、気に入らなければ、「変えろ」という先生からの支持が出るはずです。それが実際はなかった。全部うまくはまっていたんだと思います。

――それでは、劇伴の制作は順調だったんですね?

 それが、ちゃんとした主題歌を作ったために、劇伴を書くのが難かしかった、扱いに本当苦労しました(笑)。劇伴は短い曲もあれば、そこそこ長いものもある。色々なシーンにふさわしいものにしなければいけないんですが、主題歌のテーマを生かそうとするため、兼ね合いがとても難しかったんです。

――でも、それは石ノ森先生の意向でもあったんですね?

 そうです、ちゃんとした歌が流れているほうが良いという考えがありました。

――劇伴の数と種類の多いことには、びっくりしますが、長短あわせて80曲近いものを一挙に、それも一日で録音するなんて、神業みたいですね?

 ええ、編曲の際、録音作業のことも頭に入れながら書くんです。合理的に進行できるように。曲によって楽器が全部違いますから、楽器のグループでまとめて、現場でスムーズに流れることを想定して組み立てるんです。

――編曲はそういうこともされるんですか?

 ええ、本来の編曲という音楽の仕事と、スムーズに流れることを考える数学的な思考もあわせて要求されるんです。

――そういえば、京さんは京都の大学で応用化学を専攻されていたんですね?

 昔のことですが、本当は音楽ではなくて、理数系の仕事のほうが向いていたのかもしれません(笑)。

――石ノ森先生とはどんな思い出がありますか?

 思い出といっても、数多くはお会いしていません。仕事以外で、麻雀大会でお会いするとか、そういう機会は多かった。でも、お会いすると、必ず「おっ!おっ!」と、挨拶がわりに声をかけてくださった(笑)。

――特徴的な詞をお書きになったと思いますが?

 歌のための詞ではないですね。普通は行数があって、韻を踏んだり、リズムがあったりで、ある程度決まりごとがあるんでしょうが、先生の場合は言葉がバン、バン、バンとくるんです。ただそれが逆に作りやすかったかもしれません。レッドビッキーズのときもビッキー、ビッキーとあって、これはなんだろうなーと思っていたんです。

――ビッキー(びっき)って石ノ森先生出身の宮城県ではカエルのことなんですね?

 後で知ったんですが、そうなんですよ。全部作ってから知りまして。最初随分と語呂の良い言葉だなーと思っていたんです。

――石ノ森先生独自の世界なんでしょうか?

 だから面白いんですよ。ご自分でも作詞家ではないと思って書いていらっしゃったと思います。片方で漫画の吹き出しを描くような感じで自由に詞を書いていらしたのではないかと。だから結構作曲しやすかったんです。ズバットでも同じでした。

――すると自由な雰囲気の中でお仕事をされたわけですね?

 良い時代に仕事をさせてもらったなーと思います。ただ、今だったら別な音創りができたかなーと、もっと良い音で再録音したいと、贅沢なことを思うことがあります(笑)。

――今風の音のズバットを聞いてみたいですね?

 ただ、あれはあれで完成された音なんですね。マルチ・レコーディングでなく2チャンネルで立派な音創りができたんです。ドンカマを使わないことも良かった、そのほうが迫力のある録音ができるんですね。迫力がほしいという場所は、演奏者も解るので、そこに来るとちゃんと迫力のある演奏をするんです。今はドンカマなしでは録音が出来なくなっちゃった。リズム・マシンは一種癌みたいなものかもしれませんね。

――迫力のある音は2チャンネルから生まれたということですね?

 スタジオで、若いスタジオ・ミュージシャンと仕事中雑談をしていると、ひょんなことから、「ズバット」の話が出てくることがあります。すると、「僕はズバットを見ながら育ちました」なんてことが最近結構あるんですよ(笑)。

――それほど印象深い番組だったし、番組で流れた音楽が素晴らしかったという証ですね。「ズバット」から音楽的な影響を受けて、スタジオ・ミュージッシャンになられたのでは?

 それは判りませんが、時の流れを感じますし、そういう時には感慨深いものがありますね(笑)。

――そういうお話を聞きますと、「ズバット」が今でも30代、40代の方の間で人気なことが良く理解できます。

――それでは「科学戦隊ダイナマン」のお話に移りたいと思います。この番組はテレビ朝日系列の放映で、特撮テレビドラマ「スーパー戦隊シリーズ」の第七作目ということですが、それまで音楽を担当されていた渡辺宙明さんに変わって京建輔さんが担当されたわけですね?

 そうです。昭和58年だから1983年ですか、2月からスタートして翌年の1月までの1年間の番組だったと思います。

――東映製作による全51話の番組ですが、「ズバット」から6年後のお仕事で、録音の様子もかなり変わりましたか?

 そうですね、デジタルの初期の時代に入ってきて、翌年の1984年にはCDが登場するんです。しかし実際は、アナログ・マルチの24チャンネルがようやく普及した頃で、2チャンとマルチを同時にまわして録音するようなスタイルが多かったと思います。マルチは保険みたいなもので、録(と)り切れないものをマルチを使って処理する方法が多くなりました。

――1983年というと五木ひろしさんの「契り」の編曲を前年にされていますから、時代からするとマルチは一般的にはなっていたんでしょうね。では「ダイナマン」もマルチを使ったんですか?

 ええ、使いましたが、それでもメインは2チャンだったと思います。

――録音機器の変化で、編曲への影響は?

 基本的にはありませんでしたが、マルチですと、この音はこの音量までは欲しい場合に、それが簡単にできますので、そういう点では便利になりました。

――「科学戦隊ダイナマン」の主題歌や挿入歌はやはりコロムビアのスタジオで?

 そうです、コロムビアの担当は「ズバット」と同じ木村裕史さんで、コロムビアの第1スタジオの収録でした。

――シングル盤の発売は、資料によると、まだアナログですが、1983年2月21日でCK-672の規格番号がついています。シングル盤って、なにか懐かしいですね?

 ええ、自宅の資料部屋の奥のほうを探せば出てくると思います(笑)。

――録音はいつでしたか?

 ここに当時書いたスコアがあるんですが、録音日のデータを見ますと1982年12月17日となってます。

――暮れが押し迫った頃だったんですね。作詞は小池一夫さんですが、お会いになったことは?

 多分お会いしていないと思います。詞はディレクター経由でいただきました。

――スーパー戦隊シリーズという番組ですが、作・編曲の際に意識したことはありましたか?

 特にはないですね。子供向けという風には思わず、普通のスタンスで仕事をしたと思います。

――すんなりとお仕事は進んだわけですね?

 それが作曲で難航しました。色々と試行錯誤をするんですが、なかなかディレクターのOKが出ずに困りまして、それで「ズバット」の時と同じで、子供にアイディアを募りました。下の息子はまだ小学4年生で、お兄ちゃんのほうが6年生。私が仕事で地方出張に出かける前に歌詞を渡して、考えておいてと言って頼みました。帰ってくると、カセットテープに下の息子が歌った、「ダイダイダイダイ ダイナマン」があったんです。これは良いなーと、それをいただいた。すぐOKが出ました(笑)。

――それが、「科学戦隊ダイナマン」なんですね。冒頭の ♪ダイダイダイダイ ダイナマン ダイダイダイダイ 大爆発だ♪ の部分がとても良いですね。強力なインパクトがあると思いますが?

 そうなんです。子供の感覚には本当に頭が下がります(笑)。

――この曲を聞いて印象的なのが、ますベースのチョッパーです。当時の手法としてはかなり先取りをされたのではないかと思いますが?

 ええ、チョッパーはポップス系の歌謡曲ではすでに使われていましたが、とても歯切れが良いので曲全体のリズムが生きるんです。それでベースの方にお願いしました。

――それとイントロと、歌詞の「大爆発だ」の箇所に出て来るSE、これは拍子木ですか?

 いいえ、これがまたズバットと同じ琵琶なんですよ。それにラテン楽器のクラベスが一緒にやってます。

――琵琶ですか。いやー驚きました。この時の琵琶奏者はズバットと同じ方ですか?

 いいえ、この時は、坂田美子さんという若い大学出立ての別嬪さんでした。
この方は坂本冬美さんの「火の国の女」でも琵琶を弾いていただきました。

――「火の国の女」は1991年の発売ですから、8年後のことですね?

 ええ、今は邦楽界の大御所で大活躍されていらっしゃいます。よくコンサートのご案内を戴くんですよ。

――そしてもう一箇所、ハーフ(歌詞の後半部分)の冒頭の歌詞、〈燃えろ火の玉〉を追いかけるように出て来る金属音ですが、本当に火の玉が飛んでくるような感じがして素晴らしいんですが、これは何を叩いているんですか?

 ああ、これはトライアングルです。三角の金属で出来たパーカッション楽器です。小学生の自分に音楽の時間に叩きませんでしたか。

――トライアングルなら知ってますが、もっと可愛らしく叩いた覚えがあります。それとブラスが格好良いですね。又、それをを包み込むようなストリングスが綺麗で、聞いているとウキウキしますが?

 やはりこの頃になりますと、楽器の分離が良く録音できるので、トランペットとトロンボーンのブラス体と弦のバランスが良いし、それに加えてSEが際立って聞こえるので、その効果はより大きくなりました。

――間奏のギターですが、ギターのメロを聞きながら、この後のハーフが早く出てこないかと思う、このワクワク感がなんとも良いのですが?

 間奏の楽器に歌のメロディーを使うのは、私の特許みたいなもので、私自身も好きなんです。次に出て来る歌への期待感が湧いて、最後のハーフのボーカルが生きるんですね。

――そうですか、聞き手をじらすことも大切なんですね(笑)。さて、エンディングの主題歌「夢をかなえてダイナマン」ですが、これは勇壮でいながら、ほのぼのとした曲ですね。テレビを見る視聴者がテレビの中に溶け込む、一種の連帯感みたいなものが湧いてきますが?

 エンディングの曲ですから、また来週をお楽しみに、という点は意識しました。来週また続きが見れる、来週があるんだという期待感は子供にとっても大切です。TV局も子供に見てもらわないと困りますからね(笑)。

――歌のMoJoさんと、こおろぎ‘73さんの印象はいかがでしたか?

 なかなかお上手で、こういった子供番組の音楽にふさわしい歌手だと思いました。
オープニング曲では勇壮で力強い感じをしっかり出して下さったし、エンディング曲では番組を見る子供との一体感を出すように歌ってくださったと思います。

――さて、お聞きしたいことは山ほどあるんですが、時間もまいりましたので、この辺で第1回目を終了したいと思います。今日は大変お忙しいところ有難うございました。

 こちらこそ有難うございました。

第2回インタビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です